海外出張中の旅行と散歩写真など
海外出張中の旅行と散歩写真

成都

HOME > 中国・成都

Sponsored Links

成都について

成都の中心部は、かなり発展しています。日本からは、上海経由で入国したことがあります。四川省ですので、辛い料理が多く、火鍋が有名です。
火鍋
わたしは、辛い料理が苦手なので火鍋を食べに行ったときも辛くないスープにつけて食べていました。


成都では欧米系のマクドナルドより多いと感じるケンタッキーフライドチキンもあります。似たような中国独自のファーストフード店もあります。

掲載している写真は、2007年5月と2010年5月に成都出張時に撮影しました。

武侯祠 (ぶこうし)

2007年5月と2010年5月に行った、武侯祠 (ぶこうし)は、道教の霊廟でこの成都が発祥地です。蜀漢の丞相諸葛亮とその主君劉備などが祀られているところです。観光客もあり、パンフレットには日本語、韓国語表示もあるので外国人観光客も多く訪れる観光名所です。

裏側には中国風の屋台が並んでおり、そこで軽い夕食を食べられます。坦々麺など辛い料理を食べたらおなかの調子が悪くなりました。おかゆ、水餃子、揚げ餅なども食べられます。
武侯祠 (ぶこうし)この通りには、スタバなどカフェも多い。武侯祠 (ぶこうし)中国風の屋台中国風の屋台中国風の屋台

青城山と都江堰

2010年5月には、仕事が終わった後に世界文化遺産の青城山と都江堰に連れて行ってもらいました。

都江堰(とこうえん)は、古代の水利・灌漑施設で青城山(せいじょうさん)は、山地・景勝地です。道教の発祥の地の一つとして古代より知られており、道教関係の重要な建築物がたくさんあります。宗教・医療・音楽などの道教文化が伝えられてきた場所です。

都江堰、青城山入り口南橋南橋を奥に行くと商店街
都江堰、青城山都江堰、青城山都江堰、青城山
宝瓶口付近宝瓶口魚嘴
飛沙堰

日本語表示はうれしいが、間違った日本語表記。
変な日本語その1変な日本語その2変な日本語その3
理解はできるのでOKですが...

杜甫草堂

2011年成都出張時に、時間がかなり余ったので杜甫草堂へ行きました。杜甫草堂は、唐代の大詩人である杜甫の旧居です。60歳以上は半額で入れるため、年配の方が昼寝、散歩やトランプなどを楽しむ方が多かったです。
杜甫草堂sei20111010.jpgsei20111007.jpg
sei20111017.jpgsei20111013.jpgsei20111006.jpg

Sponsored Links

HOME > 中国・成都